スポンサードリンク




にほんブログ村 為替ブログへ
↑応援クリックお願いします。

2008年12月20日

FXお勉強12:マーフィーの法則

とういうことで、表題は「相場は読めない」もしくはそれ以上、と言いたいわけですね

買注文出す→値が下がる
売注文出す→値が上がる
ちっとも約定しないから、決済注文の利益確定幅を狭める→ババんと上がる

注文するたびに、ほんっとに↑こんな状態です...
ということで死語になりつつある表題ですが、FXをやると痛いほど思い知らされますよ

FRBのえらい人が「コイントス」と言ったとか
...私もかねてから「半か丁か」の世界と思うております
> 気が合うね、FRBの偉い人

と、こんな調子ですが細々と成果は挙げつつあります
スポンサードリンク



posted by さら at 14:18 | Comment(24) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXお勉強11:株との違い

FXで私が気に入っている点でもあり株との違いと思う点は次の3つ:

【値動きがなければ(買いの場合)スワップが貯まっていく】
ちょい前に「外貨預金...」と書きましたが、まさに貯金感覚、ものぐさにぴったり
株は値動きないものは、基本的には持っていても意味がない
マメじゃないと損をしがち

【値幅がたかが知れている】 > ローリスク要因の1つ

【ほぼ確実に取引が成立する】
銘柄に相当する通貨種類が限られていますから、余程的外れな指値をしなければ、まぁまぁ売買が成立します
株式だとJASDAQやヘラクレスにきわめて取引量の少ない対象があり、「出来ズ」っていう結果が結構あります
スポンサードリンク



posted by さら at 14:16 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXお勉強10:注文の出し方

私の投資マイナスの何%かは誤発注でできています
デビューしたてのFXで早くもやらかしてしまいました

初心者の方、利益確定または損切り注文の出し方、ご注意ください

"FXお勉強4"で書きましたが、当初は新規に売買したい指値−利益確定のための指値−損切りのための指値の3つをセットで出せる注文をしていました
ところが刻々と動くチャートをあまりに眺めすぎていると、ついその場で(成行)買いたくなってしまうんですね
ここ最近の新規注文は全部成行です

成行で買っても同じように利益確定−損切り注文は出しておきたかったので、別途新たに注文を起こしました
で、めでたく利益確定の方の指値に到達、ヤッターと思ったのもつかの間...
最初の(利益確定されたつもりの)注文が消えてないんですね
同じ通貨・同じ量で売りと買い両方の注文成立状態

私が今やっているマネックスFXの場合では(他の会社のは知りません)、既に出ている注文を相殺するための注文は「新規注文」で単に反対の売買を立てるのではなく「決済注文」というものから出します
すると注文の候補が今出ている注文しか出ないので「あぁ、相殺できるんだなぁ」ということがよく分かります
...それまで『決済注文』というボタンに気付かず
...↑『新規注文』のすぐ下にあるのに
スポンサードリンク



posted by さら at 14:16 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXお勉強9:手数料\0がいいわけじゃない

どの会社でFXを始めるのか、なかなか難しいです

とりあえず手数料は誰しも気になる点じゃないでしょうか
取引あたりの手数料の他に「スプレッド」(売り買いのレート差)が取扱会社の収益になるわけですから、両方考慮しなくてはなりません
ところが「スプレッド」は通貨毎に違うしタイミングによっても微妙に違うらしい/手数料も通貨の取扱単位なのか取引単位なのかで違いがあったり、片道単位にかかるとこや往復で1取引とみなすところがあったりと、一概に比較できないものがあります

例えば取引あたり手数料\1,000って高いように思えますが、手数料\0の他社に比べスプレッドが\0.01有利で10万通貨単位の取引なら、結果同じになります
一般に手数料が高いところはスプレッドが有利/安くなるに従ってスプレッドは広がります

手数料以外では何となくですが会社の信頼性が気になります
いかにも先物や投機のニオイがする会社は手が出しにくいです
旧財閥系(何故か揃ってますね)やメジゃーな会社で株もやっているところ、は何となく(ホント根拠ないですが)安心感ありますね

私は妙に急いでいたので、株やってたところで始めました
但し取扱通貨が少ないので、別の会社も探しています
そういう経緯があって、こういうこと、かなり真剣に悩んでます
スポンサードリンク



posted by さら at 14:15 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXお勉強8:取引期間について

『FXお勉強6:ドキドキ』の取引期間に関して紛らわしい表現があったようですので補足いたします
>...株と違って24時間、週末もやっています

週末できるのは予約の注文ですね、為替市場はお休みですから
但しニューヨークが日本時間20-21時スタート(サマータイムで微妙にずれます)ですから、日本にいる限りは土曜日の朝まではリアルタイム取引ができるはず

外国為替市場はウェリントン(ニュージーランド)で始まり、ニューヨークで終わるそうです
日付変更線の位置関係ですね
スポンサードリンク



posted by さら at 14:14 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXお勉強7:外貨預金が分からなくなってきた

スワップの効果についてはFXをやってみて初めて知ったこと、以前の日記で書きました
金利差が日々ちゃんと反映されていて、それがレバレッジと相まって、無視できない額になっています

そういうことを踏まえると外貨預金のメリットが分かりにくくなってきました、要するに外貨預金じゃなくてFXで充分なんじゃないかなと

外貨預金のメリットはFXと似ていて、高金利ともしかしての為替差益ですね
FXは為替差益重視/外貨預金は利子(金利)重視と考えるのが一般的かな
利用者の狙いは違っても、結果(レバレッジを条件から外して考えると)利子と為替差は外貨預金もFXも同じですね

私が感じる圧倒的な違いは、運用の柔軟さ度合いです
外貨預金が比較的長期運用を前提に考えられているのに対し、瞬間的な差益を狙うFXでは、まさに瞬間的な運用が可能だしそれを前提にしています
また事前に売買設定(注文)ができるので利食い売り/損切りが確実に執行できますね

そう考えるとFXのリスクはレバレッジで膨れ上がる為替差損だけですから、そこを運用の柔軟さでカバーしてさえいれば、残るはレバレッジで膨れ上がるメリット部分だけだと思うわけです
そう思うのも、リスクが思ったより小さくできることが分かったからかもしれません

他に何か見落としてることってあるかなー
手数料やスプレッドも大差ないしなー

↑FXにハマりそうな自分抑止(しきれていない)日記でした^_^
スポンサードリンク



posted by さら at 14:13 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXお勉強6:ドキドキ

外国為替取引ですから、株と違って24時間、週末もやっています
チャートは特別な設定しなくてもリアルタイム更新です
こまめに動くのでドキドキですね

株は特殊なものを除けば取引時間が決まっていて、かつ普通のサラリーマン&ウーマンなら勤務時間中ですから、デイトレーダーでもない限り、そういうドキドキ体験がなかなかありません

リアルタイムに「あぁすればよかった」「もうちょっと増やそうか」「もうこれくらいでやめとこうかな(小銭稼ぎでとめとく)」など、野望が渦巻いています^_^
...コレ書いている最中もです
スポンサードリンク



posted by さら at 14:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXお勉強5:授業料〜早くも反省会

"4"で書いた通り、ユーロはあっというまに、そしてドルも本日ストップにひっかかってあえなく終了

売り:
すぐに買わないならやめておいたほうがいい
スワップでやられる

買い:
"4"で書いた通り、スワップ狙いなら、下値に余裕をもたせる
実際、本日は昨日に比べて2円近く戻しています

その他:
余程のことがない限り、ドル・ユーロはほぼ連動

授業料:大体2万円ぐらい(=損失)
ということで"2"で書いたように、ヘタれな下値設定とあいまって、リスクはかなり少なかったと言えるでしょう

ところが:
懲りずに昨日ポンドを買っているのでFX開始から現時点の評価額ベースでは-5千円ぐらい
多少学習したので、下値にやや余裕をもたせています
スポンサードリンク



posted by さら at 14:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXお勉強4:買ってみる〜さっそくローリスク体感

ユーロが対円で上がり続けているような話を小耳にはさんだので、
FXお勉強3でスワップで損していたのとあいまって、勢いでユーロを買ってしまいました

確かに長い目で見ると上げ続けなんですが、短期的にはここんとこのドルと同じような動きで、じわじわ下げて...
すぐに損切りの注文にかかってしまいました

確かにスワップは付いたのですが、あまりにも短い運命でした

その後またちょい戻しですので、もうちょっと損切りレベルを低めにしておけばよかったです、これスワップ狙いのときの考慮事項ですね

ちなみに買うとき既に売りたい指値と損切りの指値聞くような注文でした
要するに初回注文時に3つの注文が立つわけです
損切りがほんのちょびっとだったこともあり、損失額僅かです

ローリスクではありましたが、こうも取引期間が短いと面白くないですね
スポンサードリンク



posted by さら at 14:07 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXお勉強3:為替レート差だけじゃありません〜スワップ

本当に勉強不足です...

円高を見込んでドル売りから入った!
→今のところ(6/30->7/10現在)正解です

しかーし、意味不明なアカ(マイナスの数字)が...

そうです、通貨金利差で+−のつく「スワップ」です

日本がゼロ金利ですから、外貨売りから入るとほぼ間違いなく赤です
逆に買いから入ればほぼ黒字ですね

金利なんて大したことないと思っていたら大間違い
レバレッジ(自己資金の何倍の取引してるか、のかけ数ですね)が効いていて結構しゃれにならん数字です
スポンサードリンク



posted by さら at 14:06 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXお勉強2(長):踏み込んだ理由〜リスク

ギャンブラーです。
でも身の丈以上の勝負はしません。
(どうも遺伝的に無借金主義らしい)

とすると信用取引(自己資金の数倍〜100倍くらいの取引ができます)のFXは合わないことになります。
=ので興味はあったものの、なかなかやりませんでした。

話は変わって株について:
株取引で一番危険なのは「損切りしない/できない」ことです。
株価を完全に予想できる人なんていないわけですから、買った銘柄のいくつかは下げるでしょう。
超長期戦でない限り、下げきってどうしようもなくなる前にある時点で損切りすべきなのですが、なかなか決断できない(私もそうです)。

FXに戻る:
概ねどのFX取扱会社でも、ある水準を下回ると、強制的に反対の取引を執行する仕組みにしています。
株でいえば強制損切りしたことになります。

なかなか自分で踏み切れないことを自動的にやってもらえる、
そういう仕組みであることを知ったので、タイミングを計りつつ、思い切ってやってみることにしてみました。

前述のように「損切りできない」状態を最大のリスクと考えると、株よりリスクはかなり小さいと思います。
スポンサードリンク



posted by さら at 14:03 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXお勉強1:売りから入る

前から興味があったFXですが、またちょい円安に振れたので思い切って突入してみました。
円高指向と考えていますので$売りから入りました。

6/30夜約定:$-\114.60

よく調べるまでは
「持っていない通貨($とかユーロとか)を売るところから入れる」
ことも知らず。

これ以外にもやってみてわかったこと多数。
スポンサードリンク



posted by さら at 13:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。